時間の通貨量が重要

「スプレッド」とはFX取引は通貨を売買して利ざやを生み出す商品です。

 

売買の値段は1日中動いています。

 

これが為替市場です。

 

インターネットを見ていると、ドルやユーロの為替の話題が流れる場合があります。

 

「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを言い表しています。

 

別の表現をすると売り買いには買いと売りの2個の価格が存在している事を表しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で提示している業者もあったりします。

 

普段は売値の方が買値よりも安い価格に設定されています。

 

買値は高く、売値は低くなります。

 

この差額をスプレッドといい、会社の利益の1つになっています。

 

スプレッドの幅はFX業者によって異なります。

 

スプレッドの広さは自分自身にとって費用になるので低いFX会社を選んだほうが有益です。

 

ただ、同じFX業者でも場面に応じてスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

 

もし日常的にはドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さであるとしても市場の上下がとても激しいときには1銭よりも広くなったりする場面があります。

 

ですから、スプレッドが狭いのと同じくらい固定しているのが大切です。

 

現在では固定したスプレッドの幅を見せる業者も存在しています。

 

リアルに業者の注文画面上で現実の市場をチェックしなければわからないのでわずらわしいですが、大事な事です。

 

大切な財産を使って取引しますので、本物の売買の前に魅力的に思えた取引会社の取引するための口座開設を全てして、提示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ外貨でもそのタイミングのマーケットの状況によって通貨のスプレッドの狭さは変わります。

 

おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さくそれ以外の通貨ではスプレッド幅が大きくなる事がよくあります。