下調べをしっかりと

ついに取引する時という場合には何をおいても下調べをサボってはいけません。

 

売買を始める前であるならば、起こる事を冷静に見ることのできる余裕がある。

 

だがしかし、ただ一度市場の内部へ深入りすると、どうあがいても受け取り方が偏ったものになってしまい、重要な時に冷静な考え方が出来なくなる。

 

リスクがあります。

 

だから自身の精神が理性的な間に正しく準備を進めておくことが不可欠です。

 

その"準備"のためには何はともあれ自らの脚本を考える事からスタートする。

 

今からのあの通貨はこうなってああなるから米ドルを売る(あるいは買う)といった台本を書いていきます。

 

その次は相場を調べましょう

 

今までの為替相場の値動きを見つめて、今現在の相場を確認します。

 

そうすると、「今は結構安すぎるレベルになっている」「もうすでに大多数の方々が売買しているから、今から買い(または売り)してもなすすべがない」ということが見えてきます。

 

当然、今はもうしかけるのが間に合わないなと感じたならばそこはすっぱりと諦めることが肝心です。

 

どうしてもあなたなりのシナリオを貫いて無理に新しく注文すると、外国為替市場に押し返されてそれどころか損することになりかねない。

 

とは言っても大体のケースで緻密なストーリー展開を作っておけばエントリーがやりようがないということにはならないでしょう。

 

大方、リアルに相場が変動する前の状況のはずだからです。

 

その次は、まずはあなた自身が売り買いしようと考えている通貨の変動を、じっくりと確かめる事が大切です。

 

仮定としてドル高が進むであろうという物語を作ったのであれば該当する外貨の動きに注目する事が大事です。

 

相場の上げ下げを注目し始めた場面では、まだその通貨ははっきりと変動する兆候を見せることはなく上や下に小さな上下動をしているだけでしょう。

 

でも、その変動をじっくりと確認していると、ある状況で少しずつ円安の方向へと相場が変化し始めます。

 

このタイミングでようやく、ドルの取引します。

 

通常は、これだけ注意深く準偏をしておけば、そのエントリーで勝てる割合はぐっと高くなるはずです。