投資すると時という場面

いよいよ投資すると時という場面では準備を怠ってはならない。

 

売買を行う前であるならば起こる事を冷静に眺める事が出来ます。

http://edai701.blog.fc2.com/

だがしかし、いったん売買の内部へ入ってしまうと、どう工夫しても見解が偏ったものになってしまいがちで、状況によっては適切な判断を下せなくなる不安があります。

 

それだけに精神が合理的な場面で間違いない準備する事が必要です。

 

この"j事前準備"のためには、はじめは自分だけの筋書きを作る事から開始します。

 

この先のあの通貨はこうなってああなるから米ドルを取引するといった脚本を書いていきます。

 

次に重要なのは日足チャートをチェックしましょう。

 

以前のマーケットの値動きを見て、現時点での値動きを確認する。

 

すると、「今日はかなり安すぎる段階になっているな」など、他には「もう大勢の投資家の方々が売買しているからこの先自分がしかけてもやりようがない」などと分かってきます。

 

言うまでも無く取引するのが遅いと思ったら、手を出さないで、ここは潔く割り切ることが肝心です。

 

どうあがいてもあなたなりのストーリー展開を妥協しないで吹っ切らずに新規エントリーすると外国為替相場に押し返されて、マイナスになる可能性があります。

 

ただしたいがいの場面で、用意周到に自分自身の台本を考えていくと、取引がなすすべがないということにはならないでしょう。

 

たぶん、実際に外国為替市場が上下動する前の状態のはずです。

 

更に、まずは売買しようと思っている通貨の上下動を正確に確認する事が必要です。

 

ドル高が進むはずだというシナリオを描いたのであればその外貨の推移に用心しておきます。

 

外国為替市場の変化を気をつけ始めたときでは該当の通貨は明確に動く素振りを見せないで、上がったり下がったり細かい動きをしているだけでしょう。

 

でも、その動きを正確に調べていると、あるところで確実に、ドル高の方向へと為替相場が動き始めてくる。

 

このタイミングで初めて、ドル円の取引します。

 

通常、これだけ十分に事前準備さえしておけば、その取引で利益を上げる確率はかなり高くなるはずです。